病院紹介

病院長挨拶

お知らせ

2016年4月29日の新潟日報「LEADERS倶楽部」に当院・内山院長のインタビューが掲載されました。地域医療支援病院、がん診療準拠点病院、てんかん拠点病院として地域医療の安全保障を担っている当院の取り組みが紹介されています。また、2017年4月に当院敷地内に医療専門学校が開校することも告知されました。

世界最大の病院チェーン

当院が所属する国立病院機構は、病院数143、総ベッド数55,000余りを擁し、世界最大級の病院チェーンです。国立=税金ジャブジャブという誤解がありますが、税金の注入は全くありません。それでも500余名の職員のガンバリで黒字を達成しています。

呼吸器疾患と神経難病、当院のツインタワー

前者の主なものは肺がん、アスベスト、睡眠時無呼吸や間質性肺炎などです。特に肺がんでは、がん診療準拠点病院として、手術や放射線治療、緩和ケアーや在宅医療までトータルに対応しております。後者はてんかんやパーキンソン病、重度心身障害、こどもの整形外科などです。てんかん治療では海外からも患者が来院している実績が認められ、全国で8カ所しかないてんかん拠点病院に認定されております。

地域医療の安全保障も

結核は減少したとはいえ、職場や学校などでの集団感染は毎年起きています。当院は患者発生時、待ったなしの受け入れに対応しています。また、地域医療支援病院として、内科、小児科、整形外科が新潟市の救急輪番に参加しております。

看護学校、2017年4月オープン

 当院の敷地内に新潟医療技術専門学校の新校舎の建築が始まりました。1学年80名の予定で、間もなく学生募集が始まります。看護師は全国どこでも不足しており、卒業後の活躍の場は無限大です。高卒、大卒、社会人や子育て後の方々、皆さんのご入学をお待ちしております。

詳しくはこちらをご覧ください。

2016.04.01

院長 内山 政二 Seiji Uchiyama