病院紹介

沿革

(国立西新潟病院)
 1941年 新潟県立結核療養所として創設。
 1967年 国立内野療養所(1947年創設)と、国立有明療養所(1947年創設)が合併し、
     結核・慢性呼吸器疾患の診療施設として発足。

(国立療養所寺泊病院)
 1943年 日本医療団寺泊奬健寮創設。
 1947年 国立内野療養所寺泊分院。
 1951年 国立寺泊療養所として独立。
 1983年 てんかん専門病院としての機能転換をはかり、国立療養所寺泊病院に改称。

(国立療養所村松病院)
 1896年 村松衛戌病院として創設され、村松陸軍病院を経る。
 1945年 国立村松病院となる。
 1953年 結核療養所に転換し、国立療養所村松病院となる。

1995年7月1日 上記3療養所が改築・統合され、国立療養所西新潟中央病院が誕生。

2004年4月1日 国立病院・国立療養所の独立行政法人化に伴い、
   独立行政法人国立病院機構 西新潟中央病院(略称 国立西新潟中央病院)と名称を変更。

2013年7月6日 新病棟竣工。